2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »

2012年11月

2012年11月22日 (木)

五色塀と武家屋敷

家を少し早く出て、英語に行ったついでに武家屋敷を散策してきました。

大村にはこの地方特有の五色塀が残っています。

色とりどりの海石を漆喰で塗り固めたものです。

草場小路の福山家の五色塀は以前に通った時には修復工事が

されていましたが漆喰が塗り替えられて、真っ白になっていました。

Scimg4654

  私が、小・中・高と通ったピアノの先生の家の前にも五色壁があります。

高校生になって近くに自宅を新築されましたが、

当時はこの広いお屋敷の離れを借りて住んで居られました。ここ↓

私が通ったのはもう40年前の事ですが、

この辺りは保存地区なのでしょう。

昔のままの家や石垣が、そのまま残っていて懐かしかったです。

Scimg4915_2 Scimg4916

この坂を牢屋坂と言っていましたが↓

私の先生はとても厳しい先生で、手をビジャっと叩かれたり、

「そんな下手なのは聴かれん、帰れ」と追い返されたり・・・

いつもいつも叱られてばかりでした。

この坂を上るときはいつもドキドキdespair帰る時はシクシクweep・・・

ピアノは下手でしたが、雨の日も風の日も学校行事の日にも

1度も休んだことはありませんでした。

Scimg4934_2 Scimg4932

Scimg4923

Scimg4925 Scimg4926

大村の武家屋敷は本小路・上小路・小姓小路・外浦小路・百人衆小路の

五小路がありますが、今日は小姓小路と日向平の武家屋敷辺りを

歩いてきました。

Scimg4930

2012年11月18日 (日)

菊池渓谷

菊池渓谷に、主人の実家の近所の方たちと一緒に行って来ました。

毎年、秋には義兄が運転をして近所の方を誘って日帰りの紅葉狩りに

行っています。

Scimg4795_edited1 Scimg4802_edited1 Scimg4797_edited1

少し時期が過ぎているのかな・・・

木の枝は少しスカスカですが、地面の落ち葉はぎっしりです。

Scimg4815_edited1 Scimg4808_edited1

Scimg4783_edited1

渓谷の水の色は、写真では上手に表現できませんが

エメラルドグリーンのとても綺麗でした。

 Scimg4812_edited1 Scimg4789_edited1

帰りは菊池川の上流に掛かる竜門ダムによって帰りました。

Scimg4838_edited1

コンバインダムとロックフィルダムとの複合ダムで、日本で最も高い

ダムだそうです。

ダム湖はワカサギ釣り、ウォーター競技、周囲は公園として憩いの場と

なっています。

Scimg4830 Scimg4833

午後からは雨の予報でしたが、車を降りると不思議に雨が止みました。

行きの高速道路では、道路沿いや山の紅葉が綺麗でしたが

帰りは先が見えないほどの大雨になってしまいました。

主人の実家のご近所さんは農家の地元の人ばかりでとても仲がよく

車の中でも話が弾みました。毎年、誘って頂いて有難うございます。

 

2012年11月15日 (木)

野岳の紅葉

野岳湖を散歩しました。

Scimg4732_edited1

Scimg4767_edited1_2 Scimg4733_edited1

実家に行ったら、姪が来ていたので

今日は、姪っ子の子供のH君とH君のバァバも一緒です。

Scimg4730_edited1 Scimg4752 Scimg4769_edited1

土手のところに紫色の花(?)それから途中にはまだコスモスも咲いていました。

Scimg4723_edited1

地面は落ち葉の絨毯

Scimg4721_edited1 Scimg4760 Scimg4757

運動公園の紅葉も綺麗でした。

  Scimg4735_edited1 Scimg4745_edited1

S_1

実家の近くにも野岳にも しいの実が沢山落ちていました。

子供の頃はこれを炒って食べていましたが、どんな味だったか

記憶が薄れていたので、拾って帰って炒って食べてみました。

母は「昔は何もなかったから食べていただけで、こんな物は今頃は

食べる人はおらんよ」と言いましたが・・・美味しかったですよ。

Scimg4773

2012年11月11日 (日)

案山子(カウベルランドくす)

万年山からの帰り道にカウベルランドくすで

偶然に出会った案山子たちです。

私たちも案山子の仲間に入れてもらって、少し遊んで帰ることにしました。

  Scimg4616

           noteここでは、音楽会

           Scimg4610_2

run運動会もあっていました。

Scimg4612 Scimg4600

おやおや、一人だけニセ案山子が進入しています。

     Scimg4607_edited1_2 

Scimg4609

Scimg4611

                    Scimg4603

もう夕方、人は私たちの他に数人しかいませんでした。 

Scimg4617 Scimg4614

綾小路きみまろ              家政婦のミタ

Scimg4618 Scimg4605

万年山ハイキングだけでなく、おまけが2つも付いた(滝・案山子)

楽しい1日となりました。

Scimg4604_2 Scimg4615

この日は元気だったYですが、それから喘息で学校を休んでいます。

15日は孫が楽しみにしていた市内小学校音楽祭があるので

「おばあちゃん、絶対絶対見に来てね。9日は学校で授業参観で

音楽祭の練習があるから、その日はお母さんが来れないから

おばあちゃんが来てね」と毎日念を押すように言っていたのに・・・

notesどうか良くなりますように・・・そして音楽祭にも出られますようにnotes

2012年11月10日 (土)

慈恩の滝

万年山の帰りに慈恩の滝に寄りました。

30Mの二段滝は思った以上の水の量と高さがあり迫力がありました。

Sdsc_0140

この滝は裏見の滝で裏側に回って見ることが出来ます。

↓裏側から撮った写真です。    

Sdsc_0143 Scimg4587

Sdsc_0145

↓村の畑を荒らしていた大蛇の病を旅の僧が治してやったところ

それから被害がなくなったと伝説があるそうです。

          椎茸の産地でしょう・・・椎茸のオブジェがありました。↓

Scimg4559 Scimg4553_edited1 Syuuka  

2012年11月 9日 (金)

万年山(はねやま)ハイキング

大分の玖珠町にある万年山にハイキングに行きました。

吉武台牧場資材置き場が駐車場になっていて、登山口には

お地蔵様がありました。

そして、駐車場の燃えるように紅葉した木の葉が印象的でした。

Scimg4436 Sdsc_0121 

吉武台牧場からのコースは、ずっとコンクリートの道で、

見渡す限り牧場が続いています。

道端のススキの中を通って歩くのですが、それがとても爽快でした。

牧場には牛は居なくて、白い大きな物体が点在していました。

冬の備蓄用の牧草を刈り取ったものです。

Scimg4457

牧場なので木は余りありませんが、少しだけ紅葉も見ることが出来ました。

ここは沢山の高山植物の豊庫だそうですが、その時期は夏から秋で

もう終わっていました。時期を過ぎて枯れたヒゴダイが沢山ありましたが、

満開時(8~9月)は真ん丸い瑠璃色に輝く群生は綺麗だろうと

思いました。

Sdsc_0124_edited1 Scimg4444 

頂上に近づくと、クマザサの群生の中を歩きます。

Scimg4480

途中で見た草花   リンドウ・マユミ・アザミ・・・あとは分かりません。

Scimg4506 Scimg4482_2 Scimg4427

Scimg4538 Scimg4454 Scimg4526_2

万年山 を眺めながら歩きます。

Scimg4507

Scimg4505 Scimg4479  Scimg4494_2

Scimg4511 Scimg4465

頂上は広く一面がススキで、見渡す限り360度 山の景色広がっていて

東に由布岳・南西に九重連山・南に阿蘇山・北に耶馬渓が見えます。

山からはあちこちから温泉の湯気が上がっていました。spa

  おじいちゃんと孫のY ↓            ミミ ↓

Scimg4498 Sdsc_0119

下の写真はパンフレットからの写真です。

反対からの登山ルートから登ると、このように見えるそうです。

日本屈指の大規模なダブルサメの溶岩台地は上万年(うわばね)と

下万年(したばね)から柱状節理が発達し断崖絶壁になっています。

高さは1140Mで、そんなに高い山ではありませんが百名山の一つです。

このような地形をメサ大地(スペイン語)といいテーブルの意味だそうです。

Scimg4644

私たちが登ったこのコースは険しい坂道もなく最短距離だったので

疲れもなく快適でしたが、今度は逆のコースから登ってみたいです。

春はミヤマキリシマの群生が綺麗だそうですし、秋の花の季節にも

行ってみたいです。

« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »