2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« オランダの家庭 | トップページ | 散歩コース »

2015年7月29日 (水)

オランダ… あれこれ

今日もやることがないのでパソコンに向かって、こっちに来て

感じたことを思いついたままに書いてみたいと思います。


お婿さんは毎朝8時半に家を出て自転車でアムステルダム中心地の
会社に通っています。
残業はなく5時半にはきちんと帰宅しますが
5時を過ぎるとトミーは玄関の方を向いて座り、帰りを待っています。
トミーの躾も遊んであげるのもお婿さんの役目でトミーはお婿さんのことが
大好きです。   トミー「お父ちゃんはまだかななぁ、、、」
Img_4653s


今は私がオランダ語が分らないので二人とも日本語で会話をしていますが
普段は娘は日本語、お婿さんはオランダ語で話すそうです。
「子どもが生まれたらどうするの?」と尋ねると
やはりお母さん(娘)は徹底して日本語で話しかけ、お父さんはオランダ語で
話しかけるようにするそうです。
そうすると、1ヶ国語で話すよりも話せるようになる時期は
すこし遅くなるそうですが、2ヶ国語を区別してお母さんには日本語で
お父さんにはオランダ語で話すようになるそうです。
日本語ができれば私たちとも会話が出来るのでその方がいいです。

娘夫婦は出会って7年、同棲を始めて5年、結婚して3年経ちました。
私達も親戚も「結婚して3年も経つのに娘たちには もう子どもは  
出来ないんだろうか…」と思っていました。
オランダではいきなり結婚するのではなく2~3年一緒に暮らしてみて
ずっとやっていけそうだったら正式に結婚するのが普通だそうです。
結婚すると日本の人は「子どもはまだかまだか」と急かすけれど
娘夫婦が言うには、この時期に妊娠したのは全て計画的だったそうです。
できればもう一人欲しいと言っていました。

ここに来て気がついたことがあります。
オランダの家は開放的で昼間はカーテン開けっ放しの家が多く
家の中の様子が見えても平気なようです
オランダ人は、他人の生活に干渉しない、他人との生活を比較したり
しない、見栄を張らない等、そもそも他人のことを気にしないようです。
オランダで、もうすぐ同性愛者たちのフェスティバルがあるので
「見に行くと楽しいよ」と言っていましたが、それまでには赤ちゃんが
生まれるでしょうから行けそうもありません。
そのような人たちや外国人にも偏見なく接していています。

オランダ人の家は他には知らないので、これは娘の家と私の家との
違いですが、私の家(日本)には時計とティシュの箱がどの部屋にも
置いていますが、ここには一つもありません。
余り時間を気にしてせかせかしない、汚れたら拭けばいいし洗えばいいと
言う考えか、生活がシンプルで無駄なことをしない、無駄なものを置かない
ようです。
もう一つは夜になっても電灯を光々とつけなく、日本人の私にとっては
部屋が暗いなぁ~と感じています。
テレビは毎日8時のニュースの30分だけつけます。
私の家のように暇だからテレビでも見ようというのはありません。

ここに来て、駐車している車が動かないこと、若い人が少なく高齢者が
多いことに気付きました。
今は夏休み中で、若い家族はほとんど長期のバカンスにでかけている
からだそうです。



昨日はご両親が私にお花を持って会いに来てくださいました。
前回オランダに来た時にもそれぞれにお花のプレゼントがありましたが、
こちらではお花のプレゼントは出迎えのおもてなしなのでしょうか。
娘がご両親に昼から産院に行くというと、お婿さんに電話して
「emiは強い人だからなんでも一人で決めるけれど、たまには言うことを
聞かなくてもいいのよ。今日は早退して一緒に診察に行きなさいよ」と
言っていました。
娘はそのために毎回仕事を休ませるのは悪いなぁと思ったようですが、
妊婦の奥さんを病院に連れて行って一緒に診察を受けるのは
夫として当然のことのようです。
SEE YOU TOMORROW    WE HOPE、、、と別れましたが
本当に明日は産まれて欲しいなぁと思います。
Img_4655s
産院では私も一緒に3人で診察室に入り、お話を聞きましたが
(私は当然意味は分りません)1週間待って陣痛が来ないなら
子宮幕を刺激して陣痛を起こさせるということのようでした。
お産方法もいろいろ選択があるようですが、娘はここの産院では検診だけを
受けて、別の大きい病院でここの助産師さんに来ていただいて
お産をするそうです。
娘は以前病気をしたことがあり、大病院だと何か起こってもすぐに
対応が出来るからだそうです。

« オランダの家庭 | トップページ | 散歩コース »

オランダ便り」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、まだ生まれませんね。
皆が待ち望んでいますよ。(赤ちゃんへ・・・早く出て来て~)
ミミのブログを開くと、トミーの事やオランダでの生活が手に取るようにわかります。
トミー可愛い(○゚ε゚○) 
お花も綺麗。食べ物も美味しそう!帰ったらごちそうして下さいね。
では、また明日ですね(バイバイ)

赤ちゃん誕生明日でしょうか?
こればかりはわかりませんね。
ミミさんも早く赤ちゃんの顔みたいでしょうね。
楽しみに待っています。

ふなちゃんへ
まだなんですよ、、、待ち遠しい。
料理はまだ娘が作るので私はトミーの散歩係りです。
調理は手間を掛けずにちゃちゃっと美味しいものを作ります。
食材が珍しいものが多く日本でも作ってみたいですが材料が揃わないかもしれません。
作ったときは食べに来て下さいね。お父さんはどうせ興味ないだろうから。

恵さんへ
予定日は過ぎましたがまだ生まれません。
散歩はしますが遊びにも行けず退屈しています。

毎日、一日3回くらいこのブログを開き、まだかまだかと待っています!
さすが、ミミさんは、何でも興味があって、考えが、若い〜〜!生まれた後の、トミーの反応も楽しみ!そういえば、少し前、オランダの花市場の番組があっていて、オランダ人が、日帰り出張の奥さんを、家族が、花束を持ってお迎えに行くシーンがありました!日本では、ありえない光景ですね。

るみるみちゃんへ
オランダの両親はもうすぐ70歳なのに若くて元気です。
キャンピングカーでキャンプ三昧、冬はスケート、夏はサイクリングだそうです。
数日前まで孫4人を引きつれてバカンスだったとか。
娘ともとても仲良しで可愛がってもらっています。
さすがにお花の国オランダは訪問の際やお祝いなどはお花持参が常識なのかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オランダの家庭 | トップページ | 散歩コース »