2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 散歩コース | トップページ | アムステルダムの森を散歩 »

2015年7月31日 (金)

昨日の続き

オランダに来て2週間目に入りましたが、赤ちゃんはまだ生まれません。

今日はお風呂の話ですが、家には大きな立派なお風呂(バスタブ)が

あるのに入ったことは2~3度しかないそうです。

ヨーロッパ人は余り風呂に入らないとは、聞いて知っていましたが
娘が言うにはヨーロッパは乾燥しているので日本みたいに毎日お風呂に
浸かって石鹸つけてゴシゴシ洗ったら肌はカサカサになる。
汚れが気になる所だけ石鹸で洗い、あとはお湯で流すだけで良いとのことです。
私はボディシャンプーを手で泡立て手で体を洗って流しますが、
初めは洗った気分になりませんでした。
日本では毎日お風呂に入らないと2日目は髪もベとっとして体も気持ち悪く
なりますが、そういえばこちらに来てからは2日目の髪もサラサラです。
日本でも高齢者はゴシゴシ擦ったり長風呂するのは、
良くないのではないかと思います。
洗濯物はためていて洗濯機にいっぱいになったらまとめて洗いますが
湿気が少ないので部屋干でも直ぐに乾きます。
昨日は電車通りの向こう側まで散歩しましたが
向こう側にも公園(森)がずっと続いていました。
Img_4682s_3
写真ではよく分らないと思いますが、
小さな黄色い睡蓮(名前は分りません)が咲いていました。
Img_4686s
日本でも良くある花で、アジサイ、バラ、シュウメイギク、
ラベンダー等がオランダでは 今 咲いています。
日本の春、夏、秋の花が混在して咲いている感じです。
Img_4684s
オランダは森と運河があり、その中の一角に住宅地があります。
帰り道に突然雨が降ってきたので、電車通りのガード下で雨宿りをしました。
Img_4688s
ガードの上には電車とバスの停留所があって、ここは電車やバスで
通勤する人の自転車置き場になっていました。
自転車道路が整備されているので30分以内なら自転車通勤通学が
普通です。
雨が小降りになったので家に向かいましたが教会の前に来ると
ちょうど教会の鐘が8時の時報を知らせました。
Img_4690s

これは、今度引っ越す家です。
1階はリビング、台所、トイレ
2階はベッドルームが3部屋とバスルーム
3階は屋根裏部屋で、1部屋は普通の部屋としても使えますが
    他は洗濯物干し場と物置だと思います。
裏に庭、家の前は子供の遊び場で遊具や砂場があります。
Img_4639s
今 住んでいる家は、建物は日本で言うマンションで、建物自体は古いですが
全面リノベーションして新築同様の内装でとても綺麗で、
場所も便利でいいところです。
今度引っ越す家は、オランダ風の小さな古い家ですが庭付きで
娘たちは子育てにはここが良いと気にいって購入しました。
家を見ていると、近所の人が「今度引越しをしてくる人ね。ここは
みんな良い人ばかりで楽しいわよ。仲良くしましょう」と声を掛けてくれました。
オランダでは国土が狭いためか日本のように土地を買って1軒屋を建てる事は
ありません。(多分出来ない)どんなに高級住宅も集合住宅(長屋)に
なっていています。
日本では何十年もたった家は価値がなく空き家になってしまっていますが
この国ではほとんど新築される家はなく、古い家を大事にしています。
家を買うというか家の権利を買う事のように思うのですがとても高いです。
先日の大嵐でも、家が壊れた窓が割れたと言うニュースはなく
家自体が日本より頑丈に出来ているのかもしれません。
この家も隣にも赤ちゃんがいるとの事ですが物音一つ聞こえてきません。
散歩中に家の中を全部取り払って全面改築している家をはじめて見ました。
公園や道路は広く、田舎の農場や牧場も広大で日本の何十倍も
あるように思うのですが、住居部分が狭いのは自然や環境、景観などを
大事にしているからでしょうか。↓家の周りはこんな感じの森
Img_4640s
日本では、知り合いの男性が一人で買い物されていると
「奥さんはどうされたのかしら、病気かしら?」と心配しますが、
こちらのスーパーでは男性が買い物をしている人が多いです。
日本にはどこにでもあるお惣菜売り場、お弁当売り場お魚屋さん、
はこちらのスーパーにはありません。
鮮魚は余りなく、冷凍の切り身をパック詰めにして売ってあります。
食材は豊富ですが、私は字も読めず、見たこともない食材は遣い方も
分らないので1人で買い物をするのは難しいです。
毎日食べているオランダ産のパンやヨーグルトはとても安いです。
 
野菜も大きなパプリカ赤、黄、緑の3個入り100円、トマト中が10個くらい入って
 
100円くらいですが、日本の食品は輸入品なのでとても高いです。
 
生活費は電気料金は風力発電の権利を買っていて、月額千円、水道代は1500円、
 
ガス代は2千円位と、収入は(月給)ほぼ日本と同じなので生活しやすいようです。
 
「私の家も電気代が高いのでLFDに替えたいんだけど、、、」というと
 
「オランダは全部LEDでないとダメだよ。電力が足りないのにまだ今までの電球や
 
蛍光灯を使ってるの?」と言われました。
 
私たちのような年金生活も、誰でも貰える基礎年金が10万円で、それに収入から
 
天引きされている年金をプラスすると歳を取った人も老後はゆとりのある生活が
 
出来ているようです。
 
日本では支出の多くを占める交際費、冠婚葬祭費にお金が掛かりません。
 
現金のやり取りはなく、お祝い事はほんの気持ちのお祝いの品を贈りますし、
 
お葬式の参列者はお参りをするだけで香典とか現金は包みません。
 
お互いさまの気持ちが強く、義理のお中元やお歳暮もなしですから
 
低所得者でも生活しやすい国だと思います。
 
 
記事の確認をしたら、相変わらず字が大きくなったり小さくなったりしています。
 
写真も同じサイズで縦にしか入りません。
 
どうしてなのか分らないので、そのまま載せますが読みづらくてすみません。
 
 
 
 
 

« 散歩コース | トップページ | アムステルダムの森を散歩 »

オランダ便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩コース | トップページ | アムステルダムの森を散歩 »