2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 順調です | トップページ | 帆船祭 »

2015年8月19日 (水)

オランダの事 いろいろ

娘の家に来て、初めて食べたのがくすくすです。

原料は小麦粉で粉のパスタと言ったところ。
ビート、トマト、パプリカなどの野菜、ルコラ(香草野菜)等と和えて
トッピングにはマグロのステーキをのせてわさびマヨネーズをかけて
頂きました。
「自分だけ楽しんで…」と言われそうですが、私はオランダに夫と一緒に
来なくてよかったと思っています。
夫が一番に困るのは、食べ物でしょう。
ご飯とラーメンがなくては生きていけないような人だから、夫はもちろん
娘も手に入りにくい食材もあるので毎日何を出そうか困るはずです。
私も同じですが、テレビをつけてもさっぱり分らないし、字も読めないし、
言葉が通じなければ一人で遠出も出来ません。
私は、ヨハンが生まれるまでの前半は散歩も楽しかったですし、
普段は見ないDVD の映画三昧でしたが、それでも退屈なときは
こんなことなら刺繍道具を持って来ればよかったと思いました。


オランダに来て快適なことは、暑くない夏、蚊のいない夏を過ごせたことで、
帰ったらまだ暑いだろうなぁ、また蚊に悩まさせるのかなぁと思います。
オランダではどの家にも網戸はありません。
こんなに森に囲まれているのに夜でも虫は寄って来ません。


オランダの教育は、いわゆるゆとり教育で少人数制です。
これまた、どっちがいいとは一概には言えませんが
娘は日本のように詰め込み主義には反対でオランダの教育が
気に入っているようです。
この近くに学校もあるのですが、これからヨハンがどんな道を歩んでいくのかしらと
思いながら散歩の時に通ります。



義務教育は16歳まで、その後は大学進学コースの高校と
専門職を勉強する高校とに分かれて進学します。
職業高校から大学受験は出来ないので途中で進路変更する場合は
高校を受けなおさないといけないそうです。
大学の入学は日本のような受験地獄はなく簡単に入れるそうですが
入ってからの進級と卒業はとても難しく卒業できない人が多いと聞きました。
単位が全部取れた時点で卒業となり、一斉に行う卒業式はありません。
日本のように集団での就職活動もなく、卒業したら個人で職探しをします。
学費は日本よりも大分安いので、大学に行きたい人はアルバイトをしながら
自力で大学へ行けます。
大学ではA大学で音楽、B大学で経済学とか掛け持ちで受講できて
同時進行で2つのディプロマを取得できたりと選択が自由に出来るのもいいです。


順番が逆になってしまいましたが、オランダの子育て事情では
オランダの託児所はとても高いそうです。
仕事は休暇も取りやすく、仕事量も調整が出来るのでので
子供が小さい時には仕事を減らして両親で子育てをするのが普通のようです。
娘は1日託児所に預けて、1日はお婿さんが休みの時に仕事をすると言っています。
2歳半になると保育園に通わせることが出来て、保育園は安いそうです。
両親の希望で、日数や時間は決ることが出来て、時間払いのようです。
こちらの環境を、まるで公園の中に住んでいるようだと、前に書きましたが
住宅地には幼児や児童が遊べる公園もあちこちにあります。



近所にある児童公園(ここは大きい子用)
Img_4800s
近所の保育園(保育園も小学校も日本に比べると規模が小さい)
Img_4801s
近所の小学校
この写真は数日前に撮りましたが、今日通った時には学校が始まっていて
沢山の子供たちが遊んでいました。
高学年は自転車で通うのか自転車がいっぱい並んでいました。
小雨が降っていたのに、みんなレインコートを着て外で遊んでいたことには
少し驚きました。(雨には子供の頃から慣れているのでしょう)…
先生が見守る中で高学年も低学年も一緒に遊んでいた様に見えました。
Img_4805s
教会と小学校の間にあるSCHOOLと書かれた赤い建物は学校だと思ったら
イスラム教徒の集会場とか。
この国ではキリスト教もイスラム教も上手く共存しているのでしょう。
日本にあるバービー人形のようなお人形さんはオランダでは
いろんな人種の人形が売られているそうです。
Img_4804s
近所の高校(高校は大きい、水辺の素敵な校舎)
Img_4814s


娘は高校を卒業すると一人暮らしを始めたので、家を離れて20年経ちます。
オランダに来て15年以上になるので、すっかりオランダの暮らしが
当たり前になっています。
一人娘なので、日本に帰ってきて欲しいと思った時もありましたが
今は、日本に帰ってきても日本の生活になじむのは難しいかもしれない、
このままオランダで暮らした方が幸せだろう、
好い人に巡り合って良かったと思うようになりました。
泣き虫で内向的だった子供の頃とは考えられないほど強くなりましたが、
これからは母となって益々強くオランダ化していくのだろうと思います。
娘の友達もオランダ人と結婚している人が多く、日本人女性はオランダ人男性に
人気があるのだそうです。
レディーファーストの国で男性は控えめな日本人女性を好んで
女性は日本人男性よりも優しい男性を好むのだろうと思います。

Img_4857s
日本では鉢でしか売られていないカランコエですが、
オランダでは外で大株になって咲いていました。


Img_4949s
初めての家族写真、ヨハンは泣き叫んでいます。

« 順調です | トップページ | 帆船祭 »

オランダ便り」カテゴリの記事

コメント

えみちゃんに、笑顔が戻ってよかった♪よかった♪やはり、産後は日本人には日本式に安静、手厚い看護が必要ですよね(*_*)
家族写真。ヨハンのギャン泣きもかわいいし、仰け反り、おののくトミーもかわいいですね。(≧∇≦)まるちゃん、少し痩せた?σ(^_^;)
慣れた頃に、お別れも辛いですが、残り数日を楽しんできて下さい。
お母さんの自宅は、昨日お父さんが掃除機かけてらした様子でしたしΣ( ̄。 ̄ノ)ノお部屋は綺麗に保たれてますから心配いりませんよ(笑)お嬢も、元気に部活三昧です。
ただ台風が、日曜日に二個来てるのが心配ですね(>人<;)


はちみつさんへ
え、台風が来ているの?
はちみつさんのご希望にそってヨハンの写真を載せました。
今日は、エミも調子いいし一人でバスでお出かけしました。
夕方、気になって帰宅したのですがヨハンもずっと寝ていたようで、良かったです。
もう、私がいなくても大丈夫のようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 順調です | トップページ | 帆船祭 »