2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 買い物 | トップページ | ヨハン 初めてのお出かけ »

2015年8月22日 (土)

ザーンセ スカンスとコンセルトヘボウ

オランダ滞在も2日を残すだけになり、2日間の予定はぎっしりです。
今日は娘家族は2週間目の検診に行きました。
もうすぐ、ロデニが来て私をどこかへ連れて行ってくれるそうです。
彼は、3年前に我が家に5日ほどホームステイしたことのある青年で
私もよく知っていて日本語も少しできるから安心です。
さて、どこに連れて行ってくれるのでしょうか…。



昨夜はトミーとお婿さんが遊んでいる時に、トミーがてんかんを起こして
びっくりしました。
初めてのことで、みんな何が起こったのか一瞬パニックになりました。
娘がネットで調べたら、パグには多い病気らしいです。
その後は正常に戻りましたが、少し心配です。



ついでに娘の熱の原因を調べていたら、産後熱と言って
お産の際の何かの感染のによるもので昔はそれで亡くなった人も多いそうです。
娘のお産は難産で産後の後遺症も酷かったので、それじゃなかったのかしらと
話しています。(午前10時半 記)



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:



12時にロデニが迎えに来てくれて、
ザ-ンセ スカンスと言う風車のある田舎町に連れて行ってくれました。
娘は「夕方には帰ってこなくてはいけないし近いからちょうどいいんじゃないの?」と
言ったのに、メトロや電車を沢山(多分5回)乗り換えても
なかなか着かないし、それどころか何か変なのです。
私が「アムステルダムに戻っている気がする」と言うと
ロデニは「何かは分らないけれど、何かの事情で電車が行かなかったから
アムステルダムに戻ってきた。これからザ-ンセに行く」と言いました。
それからはアムステルダムを2時20分に出発して目的地までは25分しか
掛からなかったので、やはり娘の言うとおり家から正常だと1時間でした。


ザーンセに着いたのは3時だったので余りゆっくりはできませんでしたが
オランダらしい風車のある素敵な街を散歩してきました。

帰りはアムステルダム駅まで電車で、アムステルダム駅でロデニと分かれて
家まではバスで一人で帰りました。
アムステルダムの街は帆船祭の最中で、観光客が沢山いて音楽隊などの
演奏も行われていました。
ゴッホ美術館の前には、すごい行列ができていました。


ロデニはアメリカ人で両親の都合で10歳の時にアムステルダムに引っ越してきたけれど
本当は電車にもバスにも余り乗ったことはなく分らなかったのではないかと思いました。
でも、旅にはハプニングはつき物、一生懸命案内してくれたのだと思います。
電車の中ではたっぷり時間があったのでロデニとは沢山話ができました。
日本が大好きなロデニはできれば日本で仕事をしたいけれど、それは難しいので
来年大学を卒業したらアメリカに帰りたいと話していました。
アムステルダムからは余り出たことがなくオランダのことは良く知らない。
日本が好きで日本語を独学で学び日本には何回も遊びに来ているので
日本の方が良く知っているとも言っていました。
それから政治の話もして、これから安部総理は日本をどうしようとしているのかなど
質問されました。
Img_5070s
Img_5087s
Img_5072s
Img_5081s
ハネ橋 橋の中央が船を通すために開きます。
前に来たときには、キンデルダイクの世界遺産の水車を見に行きましたが
ここは規模も小さく、一回りするのにも時間は掛かりませんでした。

Img_5084s

夜の8時からはアユミさんとコンサートに行く約束をしていました。
アユミさんは娘の音楽仲間でインターナショナルの音楽の先生をしています。
コンサートは娘と一緒に行くつもりで予約をしてくれていたのですが、
娘の代わりにアユミさんに私を連れて行ってくれるように頼んでくれていました。


コンセルトヘボウまで私はバスで行き、そこで待ち合わせをしたのですが
開演時間になったも来られないので、私はどうしようか…と思いましたが
少し遅れて見えました。
コンサートはモーツアルトのコンチェルトとドボルザークの曲でしたが
オーケストラもホールも超一流だけあって、なんとも言えないような
豊かな響きに包まれました。
満席でしたが、有名なオーケストラなので観光客も多いのではないかと思います。
帰りはバスで帰りましたが家に着いたのは10時40分でした。

Img_5096s
アムステルダムは本当に日本人が多いです。
ザーンセではお土産を買ってお金を出すと「28€です。割れ物を
包みますのでしばらくお待ち下さい」と日本語だったので、
見ると日本人が2人レジをしていました。
コンサートからの帰りには「ここが空いていますよ」と日本人から
あいている席を勧められました。
ハプニングもありましたが、沢山の人の協力で良い経験をさせていただいて
楽しませていただき有難うございました

« 買い物 | トップページ | ヨハン 初めてのお出かけ »

オランダ便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 買い物 | トップページ | ヨハン 初めてのお出かけ »